読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余命46年

30代独男、転落の軌跡

1月13日(水)

◯6時起床、18時退社。新しい事業が始まるため取引先から人が来て準備作業をしていったのだが、どう考えても自分の仕事が増える気がしてならない。儲かる分の金よこせ。

◯仕事で使うハンコをハンコ屋に注文に行った。水戸黄門がイメージキャラクターの例のハンコ屋なのだが、おそらく昔は普通のハンコ屋としてやっていたとこが看板を替えてやってるんだろう。接客応対が職人的で愛想がない。あれで平成の世を生きていけるんだから世間は優しい。

◯退社後、小諸そばで天ぷら蕎麦を食べた。フロアにいた店員のおばちゃんの気づかいに癒された。見習え、隣のハンコ屋。

◯ポテトが安いということで家に帰らずバーガーキングに寄り道。一度部屋に戻り着替えて出直したかったのだが、面倒になり寝落ちするのが目に見えていたので我慢した。ポテト食べながらiPhoneでネットしていたら、自称美人(画像なし)が棒と穴の話を上から語ってるブログを見つけて反吐が出た。隣のポッチャリ(ノットデブ)娘がもしゃもしゃと美味しそうにワッパーを食べている姿を見て、君の方が素敵だ、と思った。

◯どんなに穏やかな気持ちで1日を過ごしても自慰行為すれば台無し。でも定期的に排出しなければムラムラして街も歩けない。自己処理できるだけマシと考えるしかないのか。