日記

30代独男、転落の軌跡

5月12日(土)

f:id:tomoikazunaga:20180513132525j:image

 4時に目が覚め、二度寝するのはどうかと思い、西村賢太の小説をパラパラ。すると文字の中のなんとも旨そうな出汁つゆの香りに普段はならない朝の腹の虫がぐぅ〜、8時過ぎに身支度を整え電車に飛び乗った。部屋を出たときは日本橋方面の立食い蕎麦へ行こうと考えていたが、そういえば前から一度と思っていながらスルーしていた中野の田舎そば「かさい」を思い出し途中下車。

 どちらかといえば細切りの都会的な蕎麦が好きな自分だが、太い蕎麦にしっかりしたつゆが絡むその田舎蕎麦は西村賢太のイメージも重なってかとても美味しかった。

 食後、そのまま帰るのはどうかと思い中野の街をふらふら歩いていると、広場でメルカリプレゼンツ(?)のフリーマーケットが開かれていた。

 自分は古本は買い読む人だが、古着は買わ着ない人なので、商品を広げたそばから商品に群がる客たちの気持ちがわからない。

 棚やハンガーラックを用いて陳列する人、手製の値札をひとつひとつに付け綺麗に並べている人、文字通り「服の山」を作り売る人。

 引っ切り無しに人が群がるスペースと誰一人寄り付かないスペース。

 マーケティングを試みるが、正解が分からない。「もし自分が売るなら」と考えてみたが、おそらく手間暇かけてあれこれ準備するも2、3個売れるだけで時給換算したら大赤字といったところだろう。

 いつだってそうだ。思惑は頓挫する。上手くいったことなど一度もない。

 そもそもみんなよくそんなに「いらない服」やら「いらない物」を買ったり家に置いておけるなと思う。自分なら買う前にずっと使えるものかよく考えて買うし、売るより前にゴミ箱に放り込んでいる。

 フィギュアやぬいぐるみを売っているオヤジがいた。ひとつもお洒落じゃないお洒落気どりのオヤジが小型犬を連れていた。なぜかオヤジばかりが目についた。