余命46年

30代独男、転落の軌跡

土曜日の朝に考えたこと

f:id:tomoikazunaga:20141004102032j:plain
 円高になっても円安なっても笑う人がいて泣く人がいるのはバランスの問題なんだから当たり前のことだし、バターや小麦粉やガソリンが値上がりすることだってやっぱり需要と供給のバランスなんだし、だいたいレタスなんて毎日食べるものじゃないんだからいくらになっても関係ないし、なんかもっと天気予報士が「農家の人とか雨が降って喜ぶ人もいるんだから、雨を悪い天気とはいわない」みたいな、状況を淡々と伝えるだけの報道の仕方ってあるんじゃないだろうか。

 どの棒がどの穴に入ったとか、他の人がどれぐらい稼いでるとか、どんなコウキュウなものを食べてるとか持ってるとか知りたくもないし、知ったところで「よし頑張って自分も」なんて三日で終わる向上心を焚き付けられて、燻って、卑屈になるのはもうウンザリだ。

 身長、体重、靴のサイズ、顔面の造作、学歴、年収、家賃、経験人数、結婚適齢期、寿命、子供の数、その子供の身長、体重、靴のサイズ、顔面の造作、学歴、年収、家賃、経験人数、結婚適齢期、寿命、子供の数、その子供の、、、

 誰かと比べたくないし、誰かと比べられたくない。

 なんて不平不満を漏らしながらニュースにネット、情報収集。自分の人類経度を試算。

 自分はチッポケな人間だと己を卑下しながら、一方で自分より小さい人間を貪欲に探す矛盾。その姿はB級ワイドショー好きの主婦のよう。


 星新一の『殉教』の最後に残った人間たちの一人みたいな希望と不安。同じような人に出会って傷を舐め合いたいけど、それはきっとハリネズミのジレンマ

 みなさん、お元気ですか?