日記

30代独男、転落の軌跡

8月13日(月)

 お盆で実家に帰省中。やることもないので話題の映画「カメラを止めるな!」を観に行った。

f:id:tomoikazunaga:20180814090654j:image

 田舎の町に古くからある映画館。最後に利用したのは「もののけ姫」を観たときだから何年ぶり? 

 映画は噂どおり「面白い」とハードルを上げられていても面白いと言える内容だった。

 帰りに安い食べ放題で焼肉じゅうじゅう。

f:id:tomoikazunaga:20180814090706j:image

 あー、恋がしたい。

8月12日(日)

 今日という日はいつかの思い出。

 お盆で実家に帰省しているが、することもないので甥っ子と福島空港へ。福島県須賀川市円谷英二の故郷で、空港はウルトラマンでいっぱいだった。f:id:tomoikazunaga:20180813210835j:image
f:id:tomoikazunaga:20180813210831j:image
f:id:tomoikazunaga:20180813210844j:image
f:id:tomoikazunaga:20180813210839j:image
f:id:tomoikazunaga:20180813210828j:image

 帰りに道の駅的なところで福島県名物、酪王カフェオレソフトクリームを食べた。美味しかった。

f:id:tomoikazunaga:20180814065400j:image

8月11日(土)

 青春18きっぷを使い、新宿から宇都宮、宇都宮から黒磯へと乗り継ぎ、東北にある実家へ帰省。

 道中トータル6時間の移動。車中混雑していたが、こちらは身ひとつ。座席を無事確保し、タブレットで本を読んだり、映画を観たりであっという間。

 途中、郡山駅で昼飯でもと思ったがどこも混んでいる。「しかたなく」と言いつつ蕎麦食いの楽しみ、駅立ち蕎麦屋へ。

 改札を出てすぐのところにあった、そば処あさかで野菜かき揚げそばを食べた。混雑が幸いしてなのか、揚げたてのかき揚げ。蕎麦もつゆも美味しかった。

f:id:tomoikazunaga:20180812204200j:image

 隣で老夫婦が茄子が入った冷たいお蕎麦を食べていて、旦那のほうが「茄子が旨い」と言った後、しばらくして奥方が「コシがあって美味しい」と言うと旦那が「茄子にコシがあるか! 馬鹿じゃねぇのか!」と怒り出した。いやいや、麺のことだろうと突っ込みを入れたいぐらい、奥方が不憫でならなかった。

 38歳独身としては、これほど結婚とは夢がないものかと思った。こんなものならば一生独身でいいと。

 実家に着いてから、父にも母にも「相変わらずか?」と訊かれた。

 独身は罪なりや?

 あー、恋がしたい。

8月4日(土)

 前日、寿命を告げられた自転車を別の自転車屋に持っていた。

 対応してくれたのはペーペーの林屋パー君で、チェーン周りを重点的に全体の点検と磨り減った前輪タイヤの交換を頼んだのに、昼過ぎに引き取りに行ったらタイヤ交換だけしかしておらず、空気の抜けていた後輪タイヤもそのまんま。

 自転車屋はどこもこんなものかと店を後にし、明らかに緩んでいるチェーンはどうにかせねばとまた別の自転車屋へ。

 そしてやはり面倒くさそうに対応してくれたお兄ちゃんに「今回上限限界まで締めたから、次はない」ことを告げられた。

 やっとまともな答えが得られた。なぜ最初の自転車屋といい、次の自転車屋といい、このぐらいのことが言えないのか?

 さて、寿命は受け入れたが、今さっき4千円払って付けてもらったピカピカの前輪タイヤが泣いている。せめて後輪タイヤのパンクかチェーンが引きちぎれるまで乗らねば彼に申し訳ない。

 ということで帰宅後、自分でチェーン周りの掃除をすることにした。

 ネットで調べたところ、洗濯洗剤でチェーンの油汚れは落ちるとのこと。部屋に自転車を運び込み、歯ブラシに洗濯洗剤を付けゴシゴシ。なんということでしょう! 真っ黒ベッタリ油まみれだったチェーン及びその周辺が新品のようにピッカピカに。そこに百均の機械油を塗ってフィニッシュ。試しにその辺一周したらとてもいい感じ。

 今回のことを教訓に、自転車について勉強しようと思う。定期メンテナンス、チェーンの緩みを締めるぐらいは自分で出来るように工具やクリーナーを揃えなければ。

 あーあ、こんなことより恋がしたい。

8月3日(金)

 有給休暇、平日休み。

 ここ数日、自転車がガタガタいって今にも壊れそうな状態だったので、自転車屋へ修理に持っていった。

 路面店、外の猛烈な暑さに対し昭和の扇風機ひとつで立ち向かう自転車屋のお兄ちゃんは明らかに面倒くさそうに「寿命」という診断結果をくれた。

 10年近く乗っているし仕方ないと思う反面、ろくに診もせず出されたご臨終宣言に遺族として納得いかないと思いつつも、買い替えを検討するため「別の自転車屋へ」行くことにした。

 移動の電車内、前から欲しいと思っていた電動アシスト自転車スマホで調べて買い替える気満々になる中、「盗難補償」のページを読んでいて気がついた。「こんな補償があるってことは、盗まれる可能性がそれだけあるってことじゃん」

 電動アシスト自転車が世に出て何年経つかは知らないが、未だに盗難は日常茶飯事なのか?

 気に入った自転車に10万円出すのはおしくはないが、盗まれるのを前提で買うバカがいるかという話。

 結局、普通の自転車を買うぐらいならと、ネットで自転車修理に関して評判のいい店を探して、今乗っている自転車を修理してもらうことにした。

 点検修理と磨り減った前輪のタイヤを交換してもらうと安い新品自転車が買えるぐらいの金額になるが、それでも盗まれる自転車やとりあえず的で選ぶ自転車に乗るよりはマシだ。

 ところで自転車も車のように登録制にすれば盗難もなくなるし、放置自転車もなくなるし、いいことづくめだと思うのだが、そうならないのはやはり金の問題か?

 防犯登録に関してもそうだが、自転車業界に関わる偉い人には盗まれた後の対策ではなく、盗まれる前の取り締まりを強化するために方策を練ってほしいものだ。