日記

40代独男、転落の軌跡

1月25日(月)

◯4時起床、有給休暇、平日休み。

◯今日の豆苗。

f:id:tomoikazunaga:20210126173116j:image

◯昼、長い距離を散歩というより徘徊。同じように目的なさそうに彷徨い歩いているような老人と何人もすれ違う。

◯晩飯。サーモンとホタテと豆苗をバターで焼いたやつ。

f:id:tomoikazunaga:20210126173124j:image

◯夜。1月25日は誰かの誕生日で、昔のことを思い出して辛い気持ちになる。あの時どうすれば良かったのかと自問自答しては、不甲斐ない自分を責める無間地獄。過去に生きてはダメだと前を見ようとするが、未来に対しても悲観的になり、ダメになった心が体調も悪い方に引き込み、具合が悪くなる。

◯それでも生きていく。

1月24日(日)

◯5時起床、休日。

◯外は雨。1日部屋で過ごす。

◯今日の豆苗。

f:id:tomoikazunaga:20210125165424j:image

◯今日の映画「キャプテン・フィリップス」。トム・ハンクス主演、実際にあったソマリア海賊による貨物船船長拉致事件を元にした映画。結果を知っているのに観客(俺)をハラハラさせるトム・ハンクスの演技は素晴らしい。

◯今日のおやつ。

f:id:tomoikazunaga:20210125165458j:image

1月23日(土)

◯4時起床、休日。

◯今日の映画「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」。面白い。久しぶりに声出して笑った。「ハンサム★スーツ」とか、漫画的な日本のコメディ映画好き。

◯今日の豆苗。

f:id:tomoikazunaga:20210124090317j:image

◯昼過ぎに図書館へ。3冊借り。

f:id:tomoikazunaga:20210124090254j:image

◯前日の出来事をアドラー心理学で分析する。いつものことだが、俺は他人の課題に土足で踏み込んでしまう。

◯Aさんの仕事が遅れ業務が滞る→Aさんに仕事を任せた自分が怒られる(と考える)→自分の評価が下がる(と考える)→仕事を手伝う→Aさんの手際の悪さにイライラする→Aさんが「これは私の仕事だ」という空気を出す(肝心な部分は手伝って「あげている」俺に丸投げのくせにだ)→「お前が出来ないから手伝っているんだろ」という空気を出してしまう→憎まれる→こっちも憎むが自分の言動に自己嫌悪する。

◯親切心で手伝っているつもりだが、結局自分は自分のためにやっているということだ。しかも、いずれ上から怒られるAさんに「なんであのとき手伝ってくれなかったんだ」と恨まれないよう、自分を守るためにも。

◯Aさんが仕事が出来ないこと、それで怒られることは俺の課題ではなく、Aさん自身の課題だ。Aさんが怒られることにより俺の評価が下がると考えるなら、それが俺の課題であり、上司に対し適切な根回しをして火の粉がかからないようにすればいいだけだ。Aさんから手伝わないことを恨まれても、それはAさんが「手伝ってください」とお願いしないことが問題で、俺の問題ではない。

◯長々と書いたが、Aさんは俺と同い年の女性、パート歴も入れると俺の先輩、仕事が出来るわけではないが「長くいるから」で社員採用後すぐ出来ちゃった結婚、産休育休満了を経て復帰半年でまた妊娠、産休育休満了に加えコロナで半年復帰が遅れた働く2児のママ。今春には家を買うという噂があり、引越しのためと思われる有給休暇の予定をずらっと入れている。繁忙期なのに。

◯逃げ恥、新垣結衣の容姿をもってもどん引きなのに、あの器量でよくもまぁ、、、

 

ハッ ∑(゚Д゚)

 

言ってはいけない

1月22日(金)

◯4時起床、17時退社。

◯仕事。仕事で困っている→親切心で助けてあげる→もっと助けてくれと言われる→嫌な顔をする→憎まれる→イラッとする→助けなければ良かったと思う→自分の器の小ささに嫌悪する。

◯翌日土日、月火有給休暇で4連休。せっかくの休みに面倒を引きずらないようにしたかったのにこのザマだ。人を傷つけたくないなどという綺麗事は言わない。俺自身が傷つきたくない。だから人と関わりたくない。

◯今日のBGM。B’z「傷心」。

1月21日(木)

◯6時起床、17時退社。

◯仕事。閑散期、やることないが、席に着く。

◯バイデン大統領就任。78歳。トランプ(74歳)もどうかと思っていたが、それを上回る史上最高齢大統領。若ければいいとも思わないが、さすがにジジイすぎると思うのは俺だけか。

◯晩飯。仕事先でアルファ化米を貰ったので食べてみた。前にも食べたことはあるが、お湯を注ぐ前のビジュアルは好きになれない。味は美味しいというほどではないが、災害時や海外旅行のときならば満足出来るレベル。

f:id:tomoikazunaga:20210122121504j:image

f:id:tomoikazunaga:20210122121511j:image

f:id:tomoikazunaga:20210122121522j:image