読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余命46年

30代独男、転落の軌跡

5月25日(水)

◯5時起床、17時退社。退社後、上司に飲みに誘われる。気に入られすぎるのも考えものだ。

◯来店後すぐ「店長を呼んでくれ」。行きつけの個人経営の店ならまだしも、バイトが店長をやるようなチェーンの居酒屋。言われたパート店員のおばちゃんも困惑。呼んだ理由は来週の予約状況の確認で、呼ばれた20代後半と思われる店長もそんなことで呼ぶなよ的な表情。同席している自分は何のフォローも出来ず、ただ恥ずかしかった。

◯四十路の坂も見えてきた30後半独男。ゲイと疑われないために彼女はいないが女はいるような素振りをみせる道化。何やってんだか(-_-)

◯空きっ腹にビール、焼酎で、帰りの電車で吐き気がこみ上げてきたが根性で堪えた。

◯酩酊していても鞄も忘れず事故にも遭わず、おまけに家賃まで振り込んで帰ってくるんだから、我ながらたいしたもんだと思う。