読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余命46年

30代独男、転落の軌跡

5月15日(日)

◯4時起床、出張先の札幌で昼前まで仕事。前日のつまらない酒が残っていて朝はこのうえなく不快だった。

◯上司と3日連続で食事をしているとさすがに会話が尽きた。新千歳空港、無言でジンギスカンを食べる。

◯予定より早く空港に着いたが格安チケットで便の変更出来ず、空港内を彷徨う。楽しそうな観光客を横目に夢も希望もなく死にたい気持ちでいっぱいになった。

◯夕方、羽田着。帰りを待つ人がいないということは本当に悲しいことだ。