日記

30代独男、転落の軌跡

4月28日(木)

◯5時起床、17時退社。取引先というか、仕事上付き合いのある会社は超一流企業なわけだが、一流にもバカはいる。プライド高いから厄介。

◯帰り道、心がダークサイドに堕ちてしまって、吐き気が止まらず目には涙が溢れヤバかった。部屋に戻り酒を飲み何とか自分を取り戻したが、死神君が遊びに来そうな勢いだったので本当にヤバかった。

◯今、日本で一番ニルヴァーナ聴いてるのは自分だと思う。

◯どうやらまたあらぬ期待をしてしまっていたようだ。この無人島生活も早3年だ。助けを求め浜辺で海を眺めていては照りつける太陽に喉が渇き、雨風で凍えるばかりだ。助けはこない。この島で生きていくにはまず何かに対して期待することを完全にやめなくてはならない。たまに毒キノコで喜びを味わったりするけれど、それはあくまで幻覚なのだから。

◯今日は母親の誕生日だった。連絡はしなかった。産んでくれてありがとう。こんな息子ですいません。