余命46年

30代独男、転落の軌跡

10月30日(金)

◯6時起床、17時退社。弱い犬ほどよく吠える。

◯退社後、牛丼を胃袋に突っ込んで新幹線に飛び乗り東北へ。車内販売員の子がおかずクラブのオカリナに似てた。

◯新幹線に同乗している自分と同じようなスーツ姿の男たちを見ながら「人生ってなんなんだろう」とつくづく思った。

◯高三まで過ごした町に到着。少し寒いが震えるほどではない。田舎に友達はいない。宿泊は実家。今年は何かと帰省することが多い。