余命46年

30代独男、転落の軌跡

10月24日(土)

◯7時起床、休日。昨日の移動の疲れを癒すため部屋でダラダラと過ごす。

◯夜、昔のバイト先の知り合いがマスターを勤めるスナックへ。彼には数年ぶりに会ったが、男子三日会わざれば刮目すべしとはよく言ったもので、その成長ぶりに嬉しい気持ちになった。

◯出店祝い、結婚祝いも払っていなかったので請求金額より多く諭吉を置いてきたのだが、悪い気持ちはしなかった。こういうのが正しい金の使い方だとつくづく思う。

◯しかしながら年をとったとはい自分はまだスナックに行く年齢ではないようだ。