日記

30代独男、転落の軌跡

5月25日(月)

◯25日は家賃を納めるために銀行へ行き、一ヶ月分の生活費を下ろす。そして残額10万円を残し、残りを別の口座に移す。残した10万円は何かあれば使う用に残してあるのだが、今まで使ったことはない。貯金口座の金額は確実に増えていっているが、将来の蓄えとしては全く安心できるものではない。ニーサ口座でも開いて株をいじろうかと思っていたが、何年もかけて一二万増やしたところで焼け石に水だ。なにより損をする可能性のほうが高い。だからといってFXをやる勇気もない。半分死んでるような人生なのに、細く長く生きるような行動をとるのは、自分でも矛盾していると思う。 昔、バイト先に将来に希望を見出せない大学生がいた。自分は彼に「なら就職でもバイトでもいいから毎月定期的に収入を得て、そこから最低限の生活費を抜いたら残りの全額で宝くじを買いなさい。もし当たれば人生一発逆転だし、はずれ続けても終わってる人生なんだから後悔はないはずだ」とアドバイスをしていた。貯金? 実に矛盾している。

 
○例の女と日曜に食事をすることになった。どうでもいいが、メールの返信が遅い。経験上、メールの返信が遅い女はそこそこ可愛い子が多かったように思うが、今回はどうなんだろう。あーあ、店決めるの面倒くさいし、店のチョイスで力量測られるのは腹が立つ。気取った店はヘドと金が出る。