日記

30代独男、転落の軌跡

11月22日(土)

f:id:tomoikazunaga:20141122102457j:plain
 オナることも忘れ迎えた休日、土曜日。目覚めてテレビのスイッチオン直後の『めざまし土曜日』がエロビデオにしか見えないのはボクだけだろうか?
 
 と、まぁ、冗談ではない話はさておき、普段1〜2が当たり前の当ブログのアクセス数が昨日16になっていた。もしかして、取引先の女とどうなったのかと、覗いてくれた人もいるのだろうか。
 
 結論からいうとまだ食事にはいっていない。ってか、行ける気はしない。
 
 確かに誘ったのはこちらだが「今日はどうです?」と積極的だったのは女のほうで、なのに日程を調整しようとするこちらの問いかけは無視。だから「また改めて誘います!」とメールして放置してある。
 
 「何もしてないのになんだこの仕打ち」と思わなくもないのだが、逆にいえば「何もしなかったからこの仕打ち」といえなくもない。
 
 そう、ボクはその女に対して一発やりたいぐらいの気持ちしかなかったので、淡白なメールのやり取りしかしていなかった。変に深入りして、自宅の居間にはデカい仏壇があって朝晩のお祈りは必須の信仰女だと知ってしまって、デリケートなボクの息子が機能しなくなるのは避けたかったのだ。
 
 なんにしても、中途半端に愛されてきた人間のエゴには反吐が出る。「別にあなたがいなくても、他に人間は沢山いるし」的なマリーアントワネット精肉店の思考回路の持ち主は、「?」が最後につくメールの返信もしてこないというわけだ。
 
 もう一度いっておくと女とボクは面識がほぼないといっていいが、一応取引先の社員同士という間柄だ。そのぐらいの関係性だからメールの返信が遅いといわれればそれまでだが、それぐらいの関係性だからメールの返事は一応するが社交辞令ではないのだろうか。
 
 ま、週明けにもう一度誘いのメールして無視されればそれまで。
 
 若いころなら敗北感でいっぱいになっていただろうが、年をとった今は「ま、そんなもんでしょ」と鼻くそほじってピンってな感じだ。
 
 こんなんだから、返信こないんだろうなぁ〜。
 
 あー、いい加減やりて〜(´Д` )